外国人向けに販売をするチャンスも拡散

外国人向けに販売をするチャンスも拡散

現金以外の決済方法としてとても一般的なものはクレジットカード決済ですけど、電子マネーやコンビニエンスストア決済、キャリア決済など近年決済手段は多様化しているのです。また中国に代表させられる諸外国の経済成長に伴い、外国人向けに販売をするチャンスも拡散しています。

ユーザーが決済処理を行う購入画面(カード情報の入力画面)をカスタマイズ出来るか、デザイン出来るかなどもユーザビリティに関わるため確認をすべき内容になるんです。ユーザーの情報や決済の情報を管理するバックエンドの使い勝手は、商談段階でデモ画面を確認することをお勧めします。

決済代行会社によりまして対応する決済方法は異なるため、自社にとりまして必要な決済方法が用意されてるか、決済方法別で「決済手数料」はいくらになるのか、確認することをお勧めします。決済代行会社を選定するうえで、意外と漏れてしまう項目がシステムに関連する内容です。

その中で、海外で一般に使われる決済手段(PayPal、ALIPAY)を用意するのは重要になるのでしょう。